【発信を伸ばすには】オリラジ・中田のYouTubeコンサルが勉強になりすぎた

未分類

YouTubeやブログをやっていて再生数やPVがなかなか伸びないという方は多いのではないでしょうか?

そんな方はオリエンタルラジオ・中田敦彦さんのYouTubeコンサルの動画が勉強になると思います。

同期芸人・はんにゃ金田とコラボ!中田が本気のYouTubeコンサル

この動画では中田さんが同期のはんにゃ・金田哲さんから「YouTubeを数カ月続けたが、なかなか伸びない」という悩みを受けてコンサルをしています。

結論から書くと原因は、自分のやりたいことと視聴者から求められていることのずれです。

「そんなの、当たり前じゃん」と思っている方も多いかもしれません。

しかし頭では理解していても実はできていないケースはよくあります。

実際に自分もこの動画を見て初めて腑に落ちました。

またお二人は同期で仲も良かったらしく、良い意味で気を使わないトークになっていました。

改善点:チャンネル名

中田さんがまず指摘したのはチャンネル名(当時、「はんにゃ金田の【奇録】」)です。

というのも金田さんのやりたいことと視聴者から求められていることの差が、そこにあったからです。

一貫性を持つことが全てではない

金田さんはそれまで、【奇録】を軸にドキュメンタリー動画を投稿されていました。

しかしそれは視聴者が求めているジャンルではなかったのです。

個人的に一貫性を持つということはキャラ付けになるため、良いことだと思っていました。

しかし今回の場合は求められていないキャラだったために見てもらえなかったのです。

「求められること」とは?

では、何が求められていたのでしょうか?

中田さんは金田さんの長所(周りから求められていること)を以下の2点だと分析します。

スター性…どんなキャラでも演じることができる能力
愛嬌…先輩とも気を使わない関係になれる能力

そこから中田さんはコラボを増やしてキャラコントをやるようにアドバイスしました。

ちなみに中田さんはコラボをすると再生数が下がるので、必ずしも「コラボ=再生数を増やすための戦略」とは限らないそうです。

良い点:YouTubeへの本気度

ここまで改善点について書いてきましたが中田さんは、良い点も多々あると分析しています。

それがYouTubeへの本気度です。

ビジュアル

具体的にはサムネや機材などへの投資をしたことです。

外見を整えることはコンテンツとはかけ離れたことではあります。

しかし動画のサムネや画質などが悪ければ見ようとは思いません。

ビジュアルは動画ではとても重要なことなのです。

必ず100万人いける

また本気度の表れとして、定期的な投稿も上げられていました。

金田さんのチャンネルでは2、3日に1本のペースで動画をアップされています。

中田さんは「本気でやっている人にはちゃんと人がついてくるから、金田は絶対(登録者)100万人いける」と言われていました。

コンサル後

2021年6月末時点でコンサルから2週間が経過しました。

実際に金田さんは中田の指示を忠実に守り、YouTubeの軸をドキュメンタリーからコラボを中心にしたキャラコントに変えました。

ここではその結果を紹介していきます。

再生数の伸び

まず再生数は驚くほど伸びていました。

コンサル前の動画の再生数はほとんどが1万回を切っていて、中には1000回程度でした。

しかしコンサル後に撮った動画6本のうち2本は9000再生越え、他の動画は全て1万再生を超えていたのです。

またコンサル後に上げた「」という動画では7.7万回と、チャンネル内で最も再生されています。

登録者1万人

また登録者も順調に伸び、2400人だったのが6月30日現在では1.14万人になっています。

ぜひ中田さんが言った通り100万人を達成してほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました