【HSP】「適当だよ」と言われても分からない【対策も紹介します】

こんにちは

  • やり方を聞いても「適当だよ」と言われる
  • でも正直、「適当」の感覚が全く分からない

こんな方はいるのではないでしょうか?

自分もよく同じような経験を経験をします。

今回はそう感じてしまう原因と具体例、対策について書いていきます。

筆者の体験

自分がこれを最も感じたのが料理です。

  • 材料を「何g」と書かれてもどれくらいの量なの?
  • 焼いたり炒めたりはできるんだけど、野菜ってどう切るのが普通なの?
  • 何分くらい煮ればちょうど良くなってしまうの?

しかし親に相談しても「適当だよ」「慣れだよ」などと返され、どうしたら良いかが全く分かりませんでした。

HSP

こう感じる最も大きな原因の1つとして自分がHSPという気質を持っていることがあげられると感じています。

HSPとは感受性が強く刺激に対して敏感な人のことで、5人に1人がこの気質を持っているとも言われています。

(HSPとはHighly Sensitive Personの略です)

様々な特徴がありますが、ここでは以下の2つがあげられると思います。

  • 失敗するのが怖い
  • 他人から文句を言われたくない

HSPさんは他人を気にしてしまう方が多いです。

そのため自分の中の「普通」で進めると相手を怒らせてしまうのではないかと考えてしまうのです。

対策

ここからは自分がやってよかった対策について書いていきます。

HSPという気質を改善しなくてもできる対策となっています。

(HSPというのは血液型のように、自分では変えられないものです。)

調べる

対策はシンプルで、分からないことについて調べることです。

あなたが抱えている悩みの「答え」はすでにネットに出ているからです。

あなたと同じことで悩んだ経験のある人は、身近ではなくてもどこかしらにはいます。

GoogleやYouTube、SNSなどを見ればその人がどうやって悩みを解決したかを無料で知ることができるのです。

調べすぎない

ここで注意してほしいことがあります。調べすぎないということです。

というのも、「正解」は1つではないからです。

世の中に自分と全く同じ考えを持つ人はいません。

同じように悩みへのベストな対処法も人によって異なるのです。

そのため「検索の1番上に来たサイトだけを参考にする」など自分なりのルールを決めて、情報を絞るとよいと思います。

失敗してもネタになる

最後に知っておくと楽に生きれる考え方を紹介します。

失敗しても意外と怒られないから、

HSPさんには実行まですることは難しいかもしれません(自分はできませんでした笑)。

それでも知っているだけでも大きく変わると思うので、ぜひ目を通してください。

相手の立場に立って考える

自分が怒られてしまうと感じたときには、逆の立場で考えてみてください。

大抵の場合は怒らないのではないでしょうか?

何かミスをしてしまったとしても、基本的に故意でなければ許してくれるものです。

派手に失敗した分だけ面白くなる

それでも怒られてしまうような派手な失敗をしてしまうこともあるかもしれません。

確かに怒られてしまい、そのときだけは嫌な気持ちにさせられてしまいます。

しかし失敗は大きければ大きいほどネタになります。

偉人の失敗談は派手で面白い

ここでオススメ本を1冊、紹介します。

「『戦国大名』失敗の研究」という本です。

ここでは戦国武将に絞って、失敗談が書かれています。

失敗というのは派手なほど面白いものですよ(笑)

本をコスパよく読みたい方にはkindle unlimitedがオススメです。

kindle unlimitedとは、月980円でほとんどの本が読み放題になるサービスです。

初月は無料なため、元は取ることができると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました