【オススメ本】学生のうちに読んでおきたいビジネス書3選

こんにちは

今回は大学生の自分が読んでよかった本を3冊、紹介します。

どれも自分の意識を変えて行動させてくれる本なので、ぜひ読んでみてください。

こんな方に向けた記事です
・自分を変えたいと思っている方
・人間関係で悩みを抱えている方
・高校生だし何か始めなければ、と思っている方

「嫌われる勇気」(岸見一郎、古賀史健・著)

こんな人にオススメ
・人間関係に悩んでいる人
・他人と自分を比較して劣等感を持ってしまう人

特に高校生や大学生には人間関係で悩んでいる方は多いと思いますが、そんな方に読んでほしいのが「嫌われる勇気」です。

人間関係(特に他人に劣等感を持ってしまうという悩み)をアドラー心理学という考え方から解決してくれる本です。

「過去と他人は変えられない」というスタンスを持ち続けられるための考え方や行動について書かれています。

人間関係に悩んでいた自分が読んだとき全てが自分に当てはまりすぎていたため、とても救いになった本でした。

「神メンタル」(星渉・著)

こんな人にオススメ
・努力が報われづらいと感じている人
・成功者と自分はどこかが違うと感じている人

現状に不満を持っているわけではないが、何となくこのままではいけないと感じている方にオススメしたいのが「神メンタル」です。

何となく「成功者タイプ」だと雰囲気で分かるような人っていますよね。この本ではその「何となく」が言語化されていて、とても分かりやすく書かれています。

またメンタルを変える本ではありますが科学や心理学に基づいて書かれているので、参考になる内容ばかりです。

「言語化力」(三浦崇宏・著)

こんな人にオススメ
・自分の言葉がパッとしないと悩んでいる方
・言葉に上手くまとめられない方

何か勉強しなければいけない、スキルを身につけなければいけないのは分かっている。でも何から始めれば良いか分からないという方にオススメなのが「言語化力」です。

変化の多い日本社会において、唯一変わらないものが言葉です。ここでは時代に左右されない人間の本質である「言葉にする方法」を知れます。

また一般人である自分たちが発信すべき理由や目標でなく目的を持つことの大切さなどについて、気づかせてくれる本です。

まとめ

今回の内容をまとめます。

人間関係→「嫌われる勇気」
努力が結果につながらない→「神メンタル」
何をやればよいか分からない→「言語化力」

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました