【革命のファンファーレ】全てのYouTuber、ブロガーに読んでほしい本

読書

こんにちは

今回は「革命のファンファーレ」という本を紹介していきます。

この本について

この本の著者はお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんです。

西野さんは最近ではオンラインサロンやビジネス書などを中心にビジネス系の分野で活躍されているほか、絵本作家でもあります。

この本では、西野さんが作った「えんとつ町のプぺル」という本をヒットさせるためにとった戦略について、お金と広告という視点から書かれています

こんな人にオススメ
ものを売る仕事をしている人

特にYouTuberさんやブロガーさんなど自分のコンテンツを持っている方は、その基礎となる考え方を学ぶことができると思います

この本の軸となっていることば

この本の軸となっている考え方は

物を売るためには、できるだけ多くの人に届けなければいけない

ということです

聞くと当たり前の話ですが、自分の作品を見てもらえなければ評価すらしてもらえません

想像してください。あなたは今、学校の課題のレポートを頑張っています。もし期限が明日だとしたら、何が何でも期限内に出そうとしますよね?どれだけ丁寧に書かれていても、先生に見てもらえなければ評価すらしてもらえません。

物を売るときも同じです。良い商品を作ってもお客さんが発見してくれなければ、「買うか買わないか」の判断すらしてもらえません。そのため、できるだけ多くのお客さんに見てもらうことが大切なのです。

西野さんは本文で

作品の育児放棄

という言葉を使われていましたが、評価されるべきものを人に届けないということはまさに無責任であり、「放棄」だと感じました。

多くの人に届ける工夫

西野さんは「えんとつ町のプぺル」を多くの人に届けるためにたくさんの工夫をされてきました。

どれも一見、ぶっ飛んだ考えです。しかし実際に読むと細かいところまで計算された工夫であることに気づかされ、ただただ圧倒されます。

ここではその一部を紹介していきます。

全ページを無料公開

まずはネット上での全ページ無料公開です。全ページを無料と聞いたとき僕は、買う人がいなくなってしまうと思うでしょう。

しかし、絵本そのものが必要とされている場面があります。読み聞かせです。

読み聞かせをする人たちにとって、無料公開はスーパーでいう試食の役割を果たしています。

絵本選びを失敗したくない、けれども吟味している時間がないという主婦はこの無料公開によって、吟味の時間が確保されます。

無料公開によって収益が入らなくなるのではなく、後からより多くの収益が入るようになるのです。

著作権の放棄

無料公開と少し似ていますが、これも多くの人に見てもらう工夫の1つです。

著作権を最低限にすることで色々な人に使ってもらうことができ、多くの人の目に入るようになります。いわゆるフリーの広告です。

「えんとつ町のプぺル」の場合、そのキャラクターをラッピング電車としてとある鉄道会社に使ってもらったこともあったそうです。

広告の工夫

多くの人に届く広告と言えば普通、新宿や渋谷などにデカデカと貼ることを想像するでしょう。

しかしここでは、そんなところにお金は使いません。

渋谷に広告を貼れば、一時的には多くの人に見てもらえることでしょう。しかしそれも長期的に考えればほんお一瞬にすぎません。というのも、いずれは入れ替わっていくからです。

では西野さんは何を広告にしたのかというと、音楽です。曲であれば、長期的に見ても一生なくなることはありません。

まとめ

今回の内容をまとめます。

物を作っても、多くの人に見てもらわなければ評価すらしてもらえない

コメント

タイトルとURLをコピーしました