読書のやり方3選【絶対に頭に残る方法】

読書

読書を始めたばかりの方で効率よく読む方法が知りたいという方は多いと思います

ということで今回は読書のやり方について紹介していきます

お悩み
・読むスピードが遅い
・読んでも内容が頭に入ってこない

こんな悩みを解決します

この記事を読むべき人
ビジネス書を読もうとしている人
勉強として、効率の良い読書を追求していきたいと思っている人

上のような目的を持った方におすすめします

小説を読みたい人、趣味としての読書を楽しみたい方にこの記事はオススメできません

はじめに

この記事では読んだ内容が頭に残るようにする方法2つと本を速く読む方法1つを紹介していきます

頭に残る方法に関しては誰でも簡単に行うことができます

しかし初心者が本を速く読むというのは難しいと感じています(理由は後で説明します)

そのため初心者はまず、読書の精度を上げることを意識してほしいと思います

最も伝えたいことを一言で言えるようにする

本の内容が頭に入っている状態とは頭の中で定着している状態、すなわち本の内容を聞かれたときに一言で「こんな本だった」と説明できるような状態です

しかし読書初心者にとって、読んだ本の内容を大量に暗記するのは不可能です

というのも、覚えるのにはその内容に出会った回数が大切だからです

専門家や読書家の知識が豊富なのは色々な本で同じ内容と何回も出会っているからで、1度にすべての内容を理解しているわけではありません

ビジネス書というのは世の中の法則や真理など、共通することを書いてあることが多いです

そのため色々な本を読んでいると同じ内容が何度も出てくることで、自然と内容が定着してくることがあります

とは言え初めのうちは正解は分からないことも多いかもしれません

そんな時は本を読んでいた中で繰り返し書かれていたことや、自分に最も響いたことなど何かしら1つのメッセージを覚えておくようにするとよいと思います

本の内容を見開き1ページにまとめる

読書という作業はインプットなので読んだだけだと理解でとどまってしまい、定着しずらいです

そこで理解から定着にするために必要なのがアウトプットです

最も手軽なアウトプットとして書くというものがありますが、内容をそのまま書き写すというのは頭を使っていないため、あまり定着もしません

自分は頭に定着させるアウトプットとしてB5のノートの見開き1ページにまとめるというアクションをオススメします

見開き1ページは想像以上に短いです

そこに数百ページ分の内容をまとめるとなるとかなり内容を絞らなければいけず、頭を使います

また自然と重要なところだけをピックアップするようになるため、要約力もついてきます

重要なところを読む(中級者以上)

読む時間を大幅に短縮する方法として、自分が興味のあるところだけを読むというものがありますが、これには注意が必要です

有名なインフルエンサーのSNSなどを見ていると「すべてを読む必要はない」という文を見かけますが、読書初心者にはオススメしません

というのも、このような発信者の方は読書家であることが多く、本を読むと既に知っているような内容を見かけることが多いからです

先ほども書いた通りビジネス書というのは、別の本であっても内容がつながっていることは多くあります

しかし初心者は知識がなく触れるすべての情報が新しいため、どこを読むか選んでいるとかえって時間がかかってしまうのです

気になったところだけを読むのは読書に慣れてきて、目次を見て「この内容は分かるな」と感じるようになってからにしましょう

具体的には5~10冊あたりを目安にしてみてください

まとめ

今回の内容をまとめます

・その本の内容を一言で説明する(最も印象に残った部分でOK)
・B5ノートの見開き1ページにまとめる
・「読みたいところだけ読め」は慣れてから

特に慣れるまでは大変かもしれませんが、少しずつでも毎日の継続を心がけましょう

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました