【使える英語】#2 「分かった」「分からない」英語で言うと?

使える英語

こんにちは

今回は「分かった」、「分からない」の英語での言い方を説明していきます

友達の間なら”Okay!”とか”I don’t know…”などでも変には思われません

しかし初対面の人や目上の人(留学中であれば先生、海外勤務中であれば上司など)にこのようなフレーズを使うのは失礼になることがあります

今回は目上の人にも使えるフレーズを紹介していきます

筆者の経歴

現在、大学1年生です

高2の8月から高3の7月までの約1年間、カナダに留学していました

この【使える英語】のコーナーでは日常で使うけれど学校では習わないような英語について紹介していきます

※ここで紹介するフレーズはアメリカやイギリス、オーストラリアなどでは通じないことがあるかもしれません

ご了承ください

「分からない」を英語で言うと

ここでは、「分からない」と言いたいときの丁寧な表現を紹介していきます

I have no idea.

意味としては”I don’t know.”とほぼ同じです

例(授業中)

Teacher: Mr. Tanaka, do you know Question 1?

(田中さん、質問1の答えは分かりますか?)

Tanaka: I have no idea.

(分かりません)

I’m not sure.

体感としては”I don’t know.” に比べると少し自信がなさそうな印象が出ます

また、”I’m not sure “に続けて何かを言うと「自信はないけど~だと思う」のようなニュアンスが出せます

A: Do you know what he said?

(彼が何て言ったか分かりますか?)

B: I’m not sure but I think he said, “Stay here.”

(あまりよく分かりませんが、「ここにいろ」と言っているんだと思います)

「分かる」を英語で言うと

ここからは「分かった」と言いたいときのフレーズを紹介していきます

I got it!

丁寧というわけではありませんが、「分かった!」という意味です

ネイティブもよく使います

fair enough

直訳すると「十分に公平な」という意味で、そこから「納得できる」という意味に派生しました

自分が留学していたころ、数学の先生が何か説明をした後に

Fair enough?

と付け加えて確認していました

また単に”Fair”だけでも使うらしく

物理の先生は

Is that fair?

みたいな感じで使っていました

ish

もともとは「~っぽい」という意味の接尾辞で

childish(子供っぽい)、one-ish(1時ごろ)というようになります

ここから「なんとなく分かる」みたいなニュアンスで、疑問形でよく使われます

“understand”は使ってはいけない

ちなみに「分かりましたか?」と聞きたいときに”Do you understand?”と聞くのは少し失礼に当たります

では何といえばよいのかというと

(Does that) make sense?

これは直訳すると「(自分の言ったことが)意味が通っていますか?」というような意味になり、より丁寧になります

これも留学先の数学の先生はよく

Make sense? Ish?(理解できました?まあまあ?)

という感じで使っていました

まとめ

今回の内容をまとめます

・「分かりません」は”I don’t know.”/”I’m not sure.”
・「分かった」は”I got it.”
・「分かりますか?」は”Make sense?”/”Fair enough?”/”Ish?”

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました